2017年04月11日

米国大統領が靖國神社を参拝すれば日本が変わる

安倍総理は今年、2月10日、トランプ大統領との日米首脳会談を前にワシントン郊外にあるアーリントン国立墓地を訪れ、米国の無名戦士の墓に献花されました。
さらに、 安倍総理に対する海兵隊、陸軍、海軍、空軍四軍儀仗「君が代」演奏で安倍総理に対する最高の礼を表してくれました。
四軍儀仗が最高の礼ならば、これに湾岸警備隊 を加えれば五軍儀仗は最上級なのだそうです。過去、五軍儀仗で迎えられたのは、昭和天皇、ローマ法皇、エリザベス二世だけでした。 
このことをしても、日本にとっては誠に名誉なことであります。
しかし、日本のメディアは、四軍儀仗や君が代演奏は、まったく報道しなかったことにNHKを始めとする反日メディアの意図するものが分かるではないですか。

昨年の夏、オバマ大統領は広島の原爆慰霊祭に米国大統領として初めて参列し、原爆犠牲者に献花しました。
また、年末の暮れには、安倍総理がハワイ真珠湾を訪問し、米国大統領とともにアリゾナ記念館にて、真珠湾攻撃の犠牲者に慰霊しました。

日本軍による真珠湾奇襲攻撃と広島・長崎への民間人に対する原爆投下とは本質がまったく異なるものであることは言うまでもありません。

当時の外務省の不手際のため宣戦布告が遅れてしまい、「卑怯な不意打ち」「だまし討ち」とされましたが、真珠湾への奇襲攻撃とは、米艦隊への戦闘行為であって、民間人を標的にしたものではなく、民間人を人体実験とした原爆投下とは同格にすべき話ではないのです。

安倍総理は、スピーチで『過去のことにいつまでも拘らず、明日を拓く、希望の同盟とした上で、私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした、「和解の力」です。』と述べ、世界に向けた米国との和解であり、謝罪ではなく、あくまで慰霊と位置付けた印象を演出したのです。

米国では、政権交代でドナルド・トランプ大統領就任しましたが、安倍総理はトランプ就任前から外務省(害務省)の反対を押し切りながらも初会談をしているところにも安倍外交のしたたかさが垣間見えます。

米国との同盟関係を深める意味で支那共産党の台頭を念頭とした米国との戦略を背景にする外交は評価しても良いとおもいますが、いつまでも、日本の安全保障を米国に委ねるわけにはいきません。
これまでの日米同盟は、日米安全保障条約の元、米国の核の傘によって他国からの侵略を免れてきましたが、決して対等な同盟関係とは呼べるものではなかったのです。

敗戦後、我が国は敗戦国の烙印を押されたまま国連(連合国)に加入し、国連分担金という会費は米国に継いで第2位(実質第1位)となっておりますが、国連憲章にはドイツと日本が未だに「敵国条項」対象国のままになっています。                     敵国条項撤廃の話は、1995年(平成22年)から持ち上がっていますが、なにも進展していません。                                     敵国条項撤廃のための国連憲章の改正には、加盟国の3分の2以上の同意が必要ですが、そのなかでも常任理事国5ヶ国の同意が必要とされており、支那共産党やロシアなどが反対をする可能性があるため、改正は不可能であると思わねばなりません。

現状において死文化条項であるにもかかわらず、国連憲章には、我が国が敵国条項対象国のままである以上、無条件で常任理事国や国連加盟国などが我が国に軍事制裁を課すことが出来てしまうのです。                                   国共内戦によって、戦勝国側にあった中華民国から戦後の1949年(昭和24年)10月1日に毛沢東によって建国された支那共産党が国連常任理事国になっていること自体、無茶苦茶な話ではありませんか。
支那共産党が国連憲章の敵国条項を大義名分にして、日本に対して武力攻撃することは、国際法上は認められていることになるのです。

このまま、日本は永遠に敗戦国として縛り付けられていいものでありましょうか。

だが、未だに続く東京裁判史観に基づく戦後体制を打破するチャンスが、今現在到来していることに気が付かねばなりません。

それが、ドナルド・トランプ大統領による、國神社参拝 であります。

今年中にトランプ大統領が国賓として、来日することが約束されました。
ならば、最上級のもてなしを以て迎え、日本人の支柱である國神社に参拝をして貰うことこそ、真の同盟関係も築け、その意味において、「戦後の終わり」と言えるのです。

現職の米国大統領が國神社を参拝することによって支那・朝鮮などの内政干渉を押さえ込む事にもなり、況してや陛下の國神社御親拝も再開できるのです。

天皇陛下の國神社御親拝こそ、なによりの英霊の慰みになるのですから是非、トランプ大統領が國神社の参拝が可能になる環境を安倍総理は整えるべきであります。

posted by きむじい at 20:12| Comment(0) | 日記

2017年03月29日

すぐそこにある危機が分からない「愚か者たち」

現在、森友学園問題を国会で審議する売国野党には、正直うんざりしている国民が大多数ではないでしょうか。日本を取り巻く状況は朝鮮半島を中心に非常に緊迫をしています。米軍による北朝鮮への先制攻撃はすでに秒読み段階に差し掛かっていると言われており、現実のものとなれば、我が国にも多大な影響受けることになるにも関わらず、地方の私立学校問題を税金がかかる国会に持ち込み、延々と与党を追求する野党の姿勢を見るに、党利党略であり国家国民よりも次の選挙のことしか考えていない連中が国会議員であることが日本の不幸であると思います。このような連中を選挙で選ぶ国民がいることにも呆れてしまう次第です。      敢えて森友学園のことを少し申せば、これまで、森友学園が経営する塚本幼稚園の教育については、是々非々と考えてきました。教育勅語を子供たちに教える方針は評価していましたが、子供たちに「日本を悪者にする中国や韓国は心を改めて」「安倍首相頑張れ」などと宣誓させる教育は、自らが支那や朝鮮の思想教育のレベルにまで落とした洗脳教育であると感じました。それに籠池氏は今まで、政治家に近づき、その政治家の力を直接、間接を問わず利用しようとし、そして自分が窮地に陥ると、その政治家を売ろうとしているのです。籠池氏ばかりでなく、森友学園そのものが存続の危機に晒されることに及んで、サヨクに情報を売ってしまいました。籠池氏が「寝返った」と見るのが妥当ではないでしょうか。
安倍総理の名前を冠した小学校の開校を目論み、安倍総理がつれないと見るや、今度は昭恵夫人を引っ張り出した。そうやって有力政治家との密接な関係をアピールし、学園経営に利用していたことは既に証明済みです。そして、自分のやってきたことを棚に上げて、サヨク活動家に情報を売る。こういう輩は、擁護されるべき存在ではないと考えています。
嘘を付く、常に被害者面する、己が不利になれば平気で人を裏切る、となれば彼の民族と同様です。                                                   長男のご尊顔を拝見すればもしかすると・・・と考えてしまいます。
埋め込み画像 1                                                                    それにしても、こういゆ腹黒い輩たちの傍ら純心な園児たちの「教育勅語」の奉読姿が気の毒でなりません。
埋め込み画像 2                                                                    いずれにせよ、籠池一家はお上の鉄槌が下るでしょうが、低能な民進・共産などのバカ野党共と反日マスコミを殲滅させることが日本の国益と思う次第です。


posted by きむじい at 11:33| Comment(0) | 日記

2017年01月26日

トランプ大統領就任に見る 暗躍するグローバリースト

ドナルド・トランプ新大統領は1月20日(日本時間21日)、連邦議会議事堂で就任演説を行った。連邦議会議事堂前に広がるナショナル・モールには、トランプ氏の就任演説を聞くために多くの人々が集まったが、2009年のオバマ氏の就任式より圧倒的に少なく映っている写真を比較していました。
埋め込み画像 1
左がオバマの就任式の民衆が集まった画像で、右がトランプものです。
これを日本のメディアは、「トランプをボイコットするように、欠席する人がいて空席が目立った」と報じていました。
しかし、実際に行った人やテレビの生中継を見てた人の話を聞くと、特別空席が目立つほどでもなかったし、近距離のショットから遠距離まで一応に人で埋まっていたといいます。
実は、この画像に悪質な米国マスコミの捏造があったとされているのです。
当初、トランプ新大統領の就任式を見に来た民衆を反トランプのデモ隊が妨害をして式典に出席出来ないためとされていましたが、これがデマだったことが分かりました。
しかし、上右の画像は、なんと、トランプ大統領就任式の始まる数時間前のものだったことが分かったのです。
完全にマスコミによる反トランプへの捏造報道であることが分かったのです。
しかも、演説の内容について、日本のマスコミなどは発言の重要な部分を省略して報道していたのです。
                       演説では、トランプ大統領は米国第一主義を掲げましたが「その前に各国(日本も含む友好国)は自国の利益を優先してほしい。そして全ての国が自国ファーストである前提に米国は米国第一でやります。しかし米国は各国に米国第一は押し付けません。」と一番肝心な演説を切り取って報道をしているのです。

米国のほとんどのマスコミは選挙中からトランプに対してネガティブキャンペーンを張っていましたが、大統領になってからも批判はつづいているのです。

米国は自由と民主主義を第一とされている国でありますが、正当な民主的選挙で選ばれた大統領を気にくわないといって反トランプ支持者等に迎合するように誹謗中傷をする米国の民主主義とは、見せかけで偽りの民主主義としか言えません。

それに合わせるように日本のマスコミが乗ってしまう構造となっているのです。

これは、米国内や世界中のグローバリーストたちが暗躍しているとしか思えません。
米国を動かす権力者は実は大統領にあらず、すべて影の権力者(グローバリースト)に動かれています。しかも、米国の国籍さえもっていない者が多いとされているようです。
米国が国籍をもたない、あるいは国籍を考えない者たちに、ひそかに乗っ取られているのです。                      従ってトランプ大統領はアメリカを、アメリカ人の手に奪い返すと言っているのです。
 埋め込み画像 2                       グローバリストには、我が国の国民などという観念はないので、国民の雇用や福祉などは考えないのです。
さらに米国の構造が、見抜かれないように努力しているのもグローバリーストたちでありマスメディアをその目的に用いているのです。
だからいくら新聞を読んで勉強しても、それは分からないようになっていて、知るべき最も重要なことはほとんど報道されず、報道されることも表層だけで、その本質はわからないようになっているのです。
トランプ大統領就任の本質は、米国内のグローバリーストたちから本来の米国に取り戻すことにあると思われます。

我が国も無関係ではなく、未だ戦後体制にしがみついている連中こそ、グローバリーストの影響があるのかも知れません。
posted by きむじい at 18:21| Comment(1) | 日記